今、道草中なんで・・・

常時道草中なみちるの道草日記

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

先日、カラオケボックスへMyチェロを担いで練習に行ったときに
案内された部屋。

広めのお部屋になりましたと受付で言われ、喜んで入ってみると
なんと掘りごたつに座椅子の和風の部屋であった。

いや別に部屋は洋風でも和風でもロココ調でも構わないのだが
・・・椅子がない。。。
座椅子で弾いてみるか(無理)。

やむなくこっそり階段で受付ロビーに下り、待合室にあった丸イスを
くすねてまた階段で戻る。
座ってみるとちょうどいい高さ。ラッキー♪

そんな具合に和室の障害も克服し(大げさ)練習に励んだのであった。

ところで、チェロの弾き方で最近になって「ああ、こういうことだったのか」と
納得したことがいくつかあった。
先生に言われたり、本やネットなどでチェロの奏法について書かれて
いたことで、自分なりにイメージはしていたけれど間違って解釈して
いたのが、すとんと胸に落ちた。
わかるの遅すぎだし、わかったからといって出来るかどうかは別だが
小さな進歩だと思いたい。

そして昨日気がついたこと。
My生チェロの駒が指板側に反っている。
あらら・・・いつの間に。
テールピース側に戻そうとしてみたが、弦が切れそうで恐い・・・。
弦を緩めると駒が倒れそうでもっと恐い・・・。

今度の土曜に楽器屋さんに持って行って調整してもらおう。
幸い家から歩いてすぐのところに弦楽器屋さんがあるというロケーション。
弓の毛替えもやってもらったお店だ。

My生チェロはハードケースに入っているものの、生活している部屋に
置いてあるので、暖房で乾燥し加湿器で緩められ、の繰り返し。
楽器にとって決して良い環境とは言えない。

楽器は生き物だ。
もっと大事に扱ってあげなければいい音なんて出してくれない。
技倆が伴っていなければなおのこと。反省。






  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

Comments

▼コメントする









Trackbacks

Trackback URL

楽器が面白いかも


弦楽器では、共鳴体によって音の高さが決まる管楽器と違い、発音体たる弦の振動数(周波数)によって音高|音の高さが決まる。弦の振動は一般には非線形現象だが、多くの弦楽器では以下のような1次元の波動方程式によって十分に近似できる。:\frac{\partial^2}{\partial

  • 楽器が面白いかも
  • 2007/06/07 11:06 AM

ケースを...


チェロバッグ品番22112212221322162217カラー(外)ブラウンネイビーブラックベージュグレーカラー(内)ベージュブルーブラックベージュブルー重量約1.5kg機能ポケット付、ウレタン入り、外装生地:コーデュラ・アンティークのカードケース♪・義家弘介の夢は逃げていかな

  • チェロの感動
  • 2007/06/24 1:14 AM
このpageのtopへ▲

2017

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Latest Entries

Categories

Recent Comment

このpageのtopへ▲