今、道草中なんで・・・

常時道草中なみちるの道草日記

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

藤森亮一と仲間たち

先日、目黒パーシモンホールにてN響のチェリスト藤森亮一さん他3人の
チェリストによるアンサンブル「藤森亮一と仲間たち」のコンサートに
行って来ました。

プログラムはこちら。



スーザ/星条旗よ永遠なれ
クレンゲル/四つの小品
J.S.バッハ/G線上のアリア
J.S.バッハ/シャコンヌ
アルビノーニ/アダージョ
フィッツェンハーゲン/コンサートワルツ
フランチーニ/やって来た彼女
ガルデル/首の差で《Por una cabeza》
バレーラ&ネリー/L58
ポッパー/演奏会用ポロネーズ



やはりホールに響くチェロの音色にはうっとりします。

藤森亮一さんは演奏だけでなくお話もなかなか上手な方で、
最近チェロアンサンブルが流行っている理由についてこう仰ってました。

・音域が広く低音からバイオリン並みの高音まで出す事が出来るので
 いろんな曲を演奏出来る
・チェリスト同士は仲が良い
・チェリストは練習嫌いな人が多い、のではないか

最初の理由はともかく下の二つは自分に当て嵌まるので、私も息の合った
チェロアンサンブルが出来るはず!(・・チェリスト、というところは除いて)

もっともご当人の藤森さんは練習の鬼、という噂を聞いたことがあるような・・・・。

この日のチケットは頂き物でした。
くださった方に感謝☆です〜。








  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

Comments

「星条旗よ永遠なれ」と「G線上のアリア」しかわからない僕もコメントしていいですか? アンサンブルってなんか楽しそうな響きですね コンサートはもっと楽しそうですね その二つの合わせ技、アンサンブルコンサートってすごく楽しそうですね 以上全く音楽には縁の無い男のコメントでした
  • ジャガー井上
  • 2009/02/20 10:04 PM
いいですね〜。チェロアンサンブルだと、曲を聴いて、奏者の弾き方を見て、2倍楽しめますよね!

チェロアンサンブルが流行る理由、私も2,3番目(特に3番目)が当てはまります。
曲の練習はともかく、ウェルナー教則本は大嫌いです。(^^;
  • hiro2
  • 2009/02/21 1:05 AM
ジャガ、私もタイトル見てもわからない曲ばっかりだったよ〜。笑
実際聞くと、ああ、聞いた事ある曲〜ってな感じ。
普段耳にしててもタイトルや作曲者って知らないもんだよねぇ。
アンサンブルのコンサートは大好きです♪気軽に楽しめるところがいいわ〜。
  • みちる
  • 2009/02/21 12:50 PM
hiro2さん、おおやはり2、3番目当てはまりますか〜。
お互いチェリストの素質充分!てことですね〜。笑
私も教科書の反復練習みたいなのが嫌いで・・・ウェルナーではないですが・・・。
好きな曲だとやっぱりやる気が出ますよね!

この日のコンサートは結構前のほうの席でしたので、弓の持ち方とか
ビブラートのかけ方とかすごい見ちゃいました〜。
  • みちる
  • 2009/02/21 12:57 PM
タイトルからして楽しそうなコンサートですね。
チケットをいただけて、それも舞台近くて見られたなんてラッキー!

私はスズキの教則本で練習しています。
有名なウェルナーってどんな曲だろうと思い、楽器店で教則本を開いて、
1分経たずに本を閉じました。目眩がちょっと…
あれを練習する忍耐は持ち合わせていません。
経験の浅い私ですが、2番には共感します〜。
しるくらさん、最近はホントによくあちこちでチェロのアンサンブル
コンサートをやってるみたいです。
私の先生も先日チェロ四重奏のコンサートをやって、聴きに行きました。
ブログにはUPし忘れましたが。笑
やはり2番目の仲良し、の要素が一番大きいのかもですね〜。
私も何とか3番は克服しなくちゃなぁ。。。


  • みちる
  • 2009/02/22 2:30 PM
▼コメントする









Trackbacks

Trackback URL
このpageのtopへ▲

2017

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Latest Entries

Categories

Recent Comment

このpageのtopへ▲