今、道草中なんで・・・

常時道草中なみちるの道草日記

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

去年、秋祭りの夜店で和金の小赤を9匹すくった。
生き残ったのは1匹だけ。

以前から飼っている他の金魚とは種類も大きさも違うので、1匹だけ金魚鉢で
飼っていたが、その金魚鉢にいつの間にかヒビが入っているのを見つけて廃棄。
陶器の鉢に買い替えた。

1匹だけでは可哀想と思い、紅白の模様が綺麗なコメットをルームメイトとして
購入し、小赤ちゃんの鉢に入れた。

ところが今まで餌は一人で食べ放題、個室を独り占めしていた間に
すっかり暴君になっていたらしく、新参のコメットちゃんが気に入らず
つつき回していじめる。

コメットちゃんは怯えて木片の下や水草の陰に隠れるも、出口をピッタリ塞いで
待ち伏せる小赤ちゃん。
慣れるにつれコメットちゃんも強気になり、出口を塞ぐ小赤ちゃんを頭で押して
応戦。
ただならぬ緊張感溢れる日々が続いている。

下の画像は一見仲睦まじげに寄り添っているが、牽制し合い火花が散っている
様子である。



小赤とコメット


そろそろ仲良くしなさいよ、あんたたち。。。








  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

Comments

「ライバル出現」って..みちるさんのライバル出現じゃないんですね。
タイトルを見て、仕事のライバル?チェロのライバル?それとも恋のライバル?と一人で勝手に盛り上がってしまいました。(^^;

もしかして、子赤ちゃんもコメットちゃんもオスなんじゃないですか?
動物のオス同士は、大抵ケンカしますからね〜
  • hiro2
  • 2009/04/24 7:41 PM
「雨降って地固まる」と申しますゆえに火花散る喧嘩の後に熱い友情が!!



芽生えるといいですね……
  • ジャガー井上
  • 2009/04/24 8:59 PM
hiro2さん、あはは、すいません〜。金魚目線で書いてました。笑
餌をあげたときに、コメットちゃんが先に食べたりしたらもう大変です。
ぐるぐる3〜4周は追い回します。
一匹だった時は可愛かった小赤ちゃんがこんなに意地悪だったなんて・・・。
オス同士なんですかね〜。もうちょっと仲良くしてほしいです〜。とほほ・・・。
  • みちる
  • 2009/04/24 9:44 PM
ジャガ、人間だったら昨日の敵は今日の友、ライバル=親友となったりするよねぇ。

果たして友情が芽生えるか!次回に乞うご期待!(連ドラか


  • みちる
  • 2009/04/24 9:47 PM
異性同士でもね〜、オスが発情してしつこく付きまとい、メスが疲れきって気を失いかけたことありますよ…(うちの金魚のことですが)
小赤ちゃんが早く 「ま、いいか」と 新参者の存在を多めに見てくれるようになるといいですねぇ。
しるくらさん、そうなんですよね〜。うちの水槽の金魚もオスに追っかけられての産卵ラッシュで。笑
やむをえず今は雄雌分けてますが・・・。
小赤ちゃんはまだ若いのでコメットちゃんがただ気に入らないだけだと思うんですがねぇ。。
逆にもう一匹入れてみるか、と考えてみたり。笑


  • みちる
  • 2009/04/27 12:56 PM
あっ!こっちに・・・ちゃんと“名前入り”で記事がありましたね、すみません(;-_-)
(…っていうか、絶対に読んでます、陶器の金魚鉢に見覚えが…汗)

時々お邪魔している声楽&フルート吹きさん(ココログ『老いた犬に芸は仕込めないか?』すとんさん)が“金魚週報”を書かれていて、金魚を入院させたりしてるので…。
…ん、とこのお二方は今は?…も、一回、近々の記事に戻ってみます。
  • YOSHIE
  • 2009/09/07 6:12 AM
YOSHIEさん、いえいえ、この記事の金魚は赤ちゃん金魚達の親とはまた別の種類で、この2匹だけ陶器の鉢で飼ってるんですよ〜。紛らわしくてスミマセン。

赤ちゃん金魚達と親金魚達は別の水槽でそれぞれ飼ってます。
もはや部屋は金魚部屋と化してます〜。とほほ。。。

「金魚週報」のブログを書かれている方がいらっしゃるんですか?
ぜひ見に行ってみます〜!


  • みちる
  • 2009/09/07 8:57 PM
▼コメントする









Trackbacks

Trackback URL
このpageのtopへ▲

2018

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Latest Entries

Categories

Recent Comment

このpageのtopへ▲