今、道草中なんで・・・

常時道草中なみちるの道草日記

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

今の職場は総武線のH中野にある。 

といってもかなりO久保よりのほうなので、外国人の方々も多く
道を歩いているだけでいろんな国(主にアジア圏)の言葉を耳にする、
なかなかディープな環境だ。

そんな場所柄のせいかどうか定かではないが、喫煙人口が異様に多い。

まず会社。人数は大して多くないのにその八割は喫煙者。
そのうえ私のいる部署では、私以外の女性が全員喫煙者である。
私の前任女性も吸っていた。
こんな状況でかろうじて社内が禁煙を保たれているのは、健康を害した社長が
禁煙したためであるようだ。

そして会社の近辺にあるカフェ、いや喫茶店といったほうがいかにもふさわしいが
当然のごとく分煙などされていない。
そして客のほとんどは不思議と喫煙者なのだ。

ドアを開けた途端もうもうと紫煙が立ち込め、そのままそっとドアを閉めたことも
しばしば。
路上喫煙上等。数年前に施行されたはずの健康増進法など、ここではまるで存在
しないかのようである。


別に喫煙者の方々にモノ申したいというわけではないが、一億総健康指向の中、
禁煙化分煙化が進み非喫煙者の私には他人の煙草の煙などあまり見かけなく
なった昨今、このH中野の現状はある種のカルチャーショックであった。 

良く言えば懐かしい昭和な雰囲気を醸し出している。 
悪く言えばかなり場末感漂うレトロな風情である。 


とまあ、さんざんな書きようだが愛すべき街であることは否めないH中野。 

愛煙家の皆様、ここでなら周囲を気にせず思い切り吸えますよ。 
どぞ、おいでませ〜。






 月イチで行っているストリングスアンサンブルのレッスンの課題曲。
今はヴィヴァルディの「Concerto grosso op.3 No.11」。

クラシックの知識に乏しい私は全く知らない曲だったが、探して聴いてみると
とてもカッコいい曲であった。

最近、チェロパートは更に人が増え現在総勢7名。
先日チェロパートのみで集まって自主練習を行った。
実際集まれたのは私を含め5名。

チェロはこの曲では更にソロパートとその他に分かれる。
ソロパートは最近入ったけどチェロ歴の長いとても上手な人にお任せ♪

途中の休憩を挟んで3時間みっちりとボウイングなど合わせる練習。
来月のレッスンでは先生にお褒めの言葉をもらえるか。

何回かレッスン行ってみて思ったこと。


・・・・先生、かなり変わってる。


ちなみに先月はチェロパート「気持ち悪い」と怒られまくり。。。
まあ、それもこれも含めて今は楽しんではいるけれど。


下の画像は練習用にとYouTubeからiPodに落として参考にしているもの。
(CDとかiTunesとか探したけど無かったので)

こんなに早く弾けませんが・・・・。









その男は私と同じ吉祥寺駅から上りの総武線に乗り込んだ。

乗るやいなや乱暴に網棚にカバンを放り上げ、次いでその上にバサッと上着を
載せた。
私は男の近くの吊り革につかまって立っていたが、その荒っぽい振る舞いに
思わず眉をひそめた。

次に男は網棚のカバンからバナナを1本取り出し、立ったままむしゃむしゃ
食べ始めた。


・・・この通勤時間帯の電車内でバナナ?猿かオマエは!


サイレントマジョリティのそんな視線をものともせず、ものの5秒で男は
バナナを食べ終わり、皮をまたカバンに押し込むと同じカバンからネクタイを
ずるずると引っ張り出し、シャツの襟を立て、締め始めた。

ネクタイを締め終え網棚に置いた上着を着込んだ時、電車は高円寺に着き
男は悠然と下りて行った。

吉祥寺〜高円寺間は10分弱。
男はこの短い乗車時間を誰より有意義に使っているようだった。


顔はカンニング竹山似。


髪は天然パーマで後頭部が寝グセでぺちゃんこ。
駅まで激走してでも来るのか、電車に乗り込んだ時すでに汗びっしょり。


もう10分早く起きようよ・・・・竹山。









最近、なんやかや忙しくネットに接続出来ない日も多かったりします。
その間、鹿児島に行ったり、高円寺に新しく出来た劇場「座・高円寺」の
こけら落とし公演、渡辺美佐子さんの一人芝居「化粧」を観に行ったり
したのですが、何も書けず終い。

久しぶりに更新したと思ったらこんな記事になってしまいました。何で〜?








LFJ前夜祭

GWが始まり、同時に今年も「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」の季節が
やって来ましたね。

今年のテーマはバッハです。

・・・と、楽しみにしていたにも拘らず、チケット発売日をすっかり忘れてまして
気づいたときには殆ど売り切れという体たらくでした。。。

そんな粗忽者の私ですが、後出しで売り出された前夜祭スペシャルコンサートの
チケットを確保。
昨夜、同じチェロクラスのお友達と国際フォーラムに行って参りました。

もう国際フォーラムから丸の内近辺まで、LFJ一色です。
無料のシャトルバスも走ってます。
前夜祭コンサートの前、丸ビルで開催されている「のだめカンタービレ♪ワールド」
見に行くと、ちょうど1Fロビーではピアノとチェロの無料コンサートをやっている、
という具合で、チケット無くてもいろいろ楽しめますね。


前夜祭コンサートのプログラムです。


第一部
小泉和裕指揮/東京都交響楽団

ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」第1楽章
モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 第1楽章
ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」第4楽章
シューベルト 交響曲第7番「未完成」第2楽章


第二部
ジャン=ジャック・カントロフ指揮/シンフォニア・ヴァルソヴィア

ヴィヴァルディ 「四季」作品8より「春」「夏」
バッハ ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調BWV1042


「四季」でソロを弾いたヴァイオリニストのネマニャ・ラドゥロヴィチが
素晴らしくカッコ良かったです。

この豪華なプログラムとアナウンサーの朝岡聡さんの司会もありで
1500円という安さに感激でした☆
席は遥か後ろのほうでしたが・・・・・。


テンションが上がってお土産にとグッズを買い込みます。


LFJグッズ


クリアファイル、ミニバッグ、マグネットの三点。
イカしたバッハ先生のキュートなイラスト満載であります。

帰りに外の広場の屋台村で一杯。
ここでも無料コンサートをやっているみたいですね。

そんなこんなでプレナイトをすっかり満喫。
これから本番行かれる方、ぜひ楽しんで来て下さいね〜!






ふむ。

自宅マンションの側の小さな公園で、泥酔し全裸になって座っていた。
大声を出していたのは迷惑だったろうが、深夜ゆえ己が裸体を子供や女性に
強制的に見せた訳でもない。

通常であれば「トラ箱」なるところにひと晩留置され、警察官にお説教くらって
翌日釈放。
笑い話もしくは人によっては武勇伝となるような些細な事件ではと思うのだが。


それがこの騒ぎ。


日本は平和ですな。





去年、秋祭りの夜店で和金の小赤を9匹すくった。
生き残ったのは1匹だけ。

以前から飼っている他の金魚とは種類も大きさも違うので、1匹だけ金魚鉢で
飼っていたが、その金魚鉢にいつの間にかヒビが入っているのを見つけて廃棄。
陶器の鉢に買い替えた。

1匹だけでは可哀想と思い、紅白の模様が綺麗なコメットをルームメイトとして
購入し、小赤ちゃんの鉢に入れた。

ところが今まで餌は一人で食べ放題、個室を独り占めしていた間に
すっかり暴君になっていたらしく、新参のコメットちゃんが気に入らず
つつき回していじめる。

コメットちゃんは怯えて木片の下や水草の陰に隠れるも、出口をピッタリ塞いで
待ち伏せる小赤ちゃん。
慣れるにつれコメットちゃんも強気になり、出口を塞ぐ小赤ちゃんを頭で押して
応戦。
ただならぬ緊張感溢れる日々が続いている。

下の画像は一見仲睦まじげに寄り添っているが、牽制し合い火花が散っている
様子である。



小赤とコメット


そろそろ仲良くしなさいよ、あんたたち。。。






深大寺からの凶運を払拭すべく鶴岡八幡宮でもおみくじを引いた。


結果は・・・・・『末吉』


すえきち?


それ誰?ってくらい微妙で中途半端な運勢ですな。
大吉→中吉→小吉→吉→末吉???

深大寺の凶から比べたら一歩前進と喜ぶべきか。
希少価値から言ったら凶のほうがマシとも思えるほど、正直あまり嬉しくない。


次回に乞うご期待。







鶴岡八幡宮の桜


花冷えの日が続いたと思ったらようやく温かくなりましたね。
画像は鎌倉の鶴岡八幡宮の桜です。

って桜だけアップで取ったのでどこの桜か全くわかりませんね・・・。
念のためこちらも。
参道が桜のトンネルのようで素敵でした。
でもこれだと鳥居と狛犬がメインのようですね・・・。


鶴岡八幡宮


要は写真を撮るのが下手なんですよ。
でもまあせっかく撮ったので載せてみました。

週末は井の頭公園もお花見で凄い人出だったでしょうね。
薄着のシーズン到来に向け、最近は公園で泥縄ながらジョギングなど
してみてますが、この土日は近づくのはやめました。
でも池にしなだれかかる井の頭公園の桜はとても美しいです。
咲いているうちに行ってみようと思ってます。





今月から今までのグループレッスンに加えて、ストリングスアンサンブルの
クラスに入ることにした。
吉祥寺の教室にはアンサンブルクラスがないので、系列は一緒だがちょっと
遠くの教室になる。

昨年、アンサンブルフェスティバルというイベントに参加し、文京シビック
ホールでフルオーケストラによるワーグナーの「ニュルンベルクのマイスター
ジンガー」前奏曲を演奏する機会に恵まれた。
技術的にちょっと厳しいものはあったのだが、オケのステージでは背後から
聴こえる管楽器の迫力、大人数のストリングスによる美しいハーモニーと
臨場感にとても興奮、感動した。

それまであまりオケで弾きたいという気持ちはなかったのだが、他の楽器と
合わせるっていいなあ、と思うようになった。

今度入ったクラスは練習が月1回なのであまり負担がないのが気に入り、
同じクラスの人を誘って先月見学に行き、その場で申し込んで来た。
人数は20人位?だろうか。チェロは私達が入ると5人になる。
2人いるビオラの人が1人辞めてしまうそうなので、ビオラが1人になって
しまうそうだ。
ビオラに入ってもらいたかったかも。チェロでごめんなさい。

ちょうどそのとき練習していたのはモーツァルトのアイネ・クライネ・
ナハトムジーク。
アイネク全楽章やるのは初めてなので嬉しい。
楽譜も後から送っていただいて、先日が初レッスン参加。

1ヶ月自主練したけど落ちまくり。。。

そして今月でアイネク終了とのこと。あらら。
でも今まで何回もやってるのでまたそのうちやりますよ、と言われた。
次まで覚えてられそうもない。時々練習しなくては。

来月からはヴィヴァルディの四季より「春」。
チェロはちょっと出番少なめだからアイネクよりは楽かも。
来月のレッスンが楽しみだ♪





ようやく春らしい陽気になり、花粉の飛散も絶好調。
その割に昔ほど症状がひどくない。

ひょっとして治ってきてる?花粉症って不治の病じゃなかったの??
よくわからないが不治の病を克服しつつあるのか。素晴らしい。

昨日は横断歩道でないところで車道を横切ろうとして歩道で立ち止まったら
自転車に激突された。
一瞬何が起こったのかわからず立ちすくむ。
茫然と落としたバッグを拾いながら身体に当たったところを確かめる。
が、無傷。頑丈だ。
気がつくと自転車の若い女の子が必死に謝っている。
いえいえとんでもない、私が100%悪いです。ごめんなさい。

話は変わるが、今年の発表会はカザルスホールでやることになった。
ちなみに一昨年は東京FMホール。
去年は吉祥寺のライブも出来るイタリアンレストラン。
先生、年々張り切ってる気が・・・。
そういえば、カザルスホールってもうじき閉館するとか。
取り壊してしまうのだろうか。なんて勿体ない事を。

となると、今年の発表会は最初で最後のカザルスホールでの演奏。
思い出に残る演奏をしなければ。失敗したとかでなく・・・。







このpageのtopへ▲

2017

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Latest Entries

Categories

Recent Comment

このpageのtopへ▲